Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
言葉でスッキリ「オウンドメディア」
0


    巷で流行るキーワードとか略英語、単語

    マスコミやIT業界では相変わらず、多様化し乱立気味です

    この言葉に違和感を持ち、内容を余計に解り難くしたり難しくしていると批判が多い事も事実です。

    私自身もIT業界?と言う所でお仕事をさせて頂いておりますが

    このキーワードには敏感になりながらもちょっと満腹状態です・・・


    今回は逆の立場からのお話。
     

    仕事柄、企業の経営者の方や幹部の方たちとお話をさせて頂く機会が多いですが。

    その中でHP(ホームページ)に関するお話で

    費用対効果、HPは広告?名刺代わり?と自社の広報に関しての進め方に疑問を感じられています。

    インターネットが流行し、各社が一斉にHPを作り様々な時を経て広報の仕方も、日々進化しています。

    私自身も経営者とお話しする中アドバイスさせて頂いているのは

    「HPをリニューアルされるのであれば、既存業務棚卸とターゲットを整理して改めて目的を明確にしましょう」



    細かな内容としては
    ・既存業務棚卸:自社の強みを再認識して頂きます。経営層が思っている自社強みと、技術屋さんが思っている強みって意外に大きなギャップがあります。

    多くの方々は熱く語るのがお好きですが、文字に起こすとなると躊躇します・・・しかしココに大きな金の卵が隠されています。

    丁寧に探り、引き出す事でレポート用紙10枚は有に超えます、ココを広報として表現します。

    ・ターゲット:言い方はちょっと乱暴ですが、せっかくネット上に広報をするのですから、既存顧客への訴求では無く、新規顧客にアプローチする方法を取りましょう。

    自社の弱さをしり、何処の業種が弱いのか?攻めたいか?誰にアプローチしたいか・・・ここをしっかり分析してその業種の方が欲しているであろう情報に特化して行きます。

    これらをしっかりと抑えて、その上で宣伝方法(お金のかけ方)を考えましょう・・・と



    その時に生きるのが

    ・名刺的なコーポレートHP
    ・自社技術専用紹介ページ
    ・思いを伝える映像紹介
    ・SNSやBlogでの連携



    この考え方は、大企業、中小企業 、個人事業・・・どのような業種にも当てはまります。
    工業界、農業界、商業界・・・

    posted by: toyo | キーワード | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「返報性の原理」は損得勘定とはチョット違います
    0

       

      マーケティングの心理学と言うと何か小難しいですが
      「返報性の原理」と言う言葉があるそうです。

      「返報性の原理」とは人から何か施しを受けた場合に何かお返しをしなければならないと思う心理のことです。

      これは商いやSNSを実践する中では重要視される考え方です。

      損得勘定と言うと、あまりにもドライな考え方になりますが
      人と人のつながりの基本的で重要な事であります

      身近な例では、
      「スーパーでの試食をもらった時」
      「営業の方に親切丁寧に説明してもらった」
      など日常生活の中で経験しているのではないでしょうか。

      これをマーケティングに応用してみますと。
      まずはこちらから何かを提供することで最終的にビジネス
      などにつなげるということです。

      無料で相談に乗ってあげる。
      価値のある情報をBlogで共有する。
      お問合せに親身になって対応する。

      これなら直ぐにサービスとして実行できます。

      お客さんも「もらいっぱなしじゃ何か悪いな」
      と思えるくらいの価値があれば、次は自分に出来る事なら
      何かお返ししてあげようという心理になります。

      当然、こちらもビジネスですのでマネタイズする必要はありますので
      製品の購入やコンサル費用に結び付けば良いですが。

      ここだけが全面に出るのはイヤラシイですが、お互いが気持ちよく
      ビジネスが出来、良きパートナーシップが持てるのが最適です。




      Blog作成時間 15分

      posted by: toyo | キーワード | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ノマドって
      0

         今年の年末の流行語ノミノートされるかは分かりませんが
        今、ネット上で良く見かけるキーワード「ノマドワーカー」
        野窓和歌ではありません。(苦笑)

        ノマドワーカー:「ノマド」は「遊牧民」を意味する英語。
        つまり、自宅やオフィスの自分の机といった1か所にとどまらないで
        カフェや居酒屋など 、さまざまな所を自分の居場所として仕事をこなす人。

        と言うのが訳のようだが、
        一昔流行ったSOHOの進化版と捉えるのが分かり易い?
        SOHOとは【Small Office/Home Office】会社と自宅や郊外の小さな事務所
        をコンピュータネットワークで結んで、 仕事場にしたもの。

        SOHOとの違いはネットワーク環境の違いにある、
        SOHOは基本、自宅のネットワーク回線を使用し、会社では無くシステム開発
        したり、OA業務を実施する 事にあり 一時は会社に囚われない自由な空間
        と言うのが流行した。

        対してノマドは「遊牧民」の意味する所、まさしく場所に留まらずに
        自遊空間で仕事をする、この条件は無線LAN環境を備えた場所で仕事を
        するスタイル。  iPhone、iPad、モバイルPC等を持って何処でも仕事が
        可能 と言う事になる。

        この言葉が一時の流行で終わるか、根付くかはこれからになりますが。
        一つの空間利用 事務所、出先、どこでも  と言う場所を選ばない事では
        自由で良い事だと思います。

        この様に、情報機器、インフラ系の技術向上によりライフスタイルも
        多様化しています。

        例えば、会社勤めの人が今回の地震災害等で会社が被災し自宅待機と
        なった場合、昔なら待機なので連絡の取れる体制は固定電話のみなので
        まさに、自宅での待機であった。
        それが今は、携帯で連絡がどこでも取れるので、自宅待機の自宅が取れ
        自由な待機となった、これが パチンコ屋でも釣堀でもどこでも良い訳だ。

        成果主義の一面から見れば、どこで仕事をしようが、結果が出ればOKな
        訳で、この選択肢もあり得る。


        でもでも、少し頭が古く固くなってきている自分は、やる気スイッチと言う
        意味では、仕事場と遊び場は分けたい所が本音である。

        posted by: toyo | キーワード | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        咀嚼力って
        0

           咀嚼力(そしゃくりょく)とは、一般的には食べ物をかむ力、
          かみ砕く力と訳されるが、そこから転じて  物事の意味を、
          よく理解し、かみ砕くことのできる力と訳されている。

          先日、  「X型自分の説明書」の中で見透かされた言葉に

          「右と言われれば、右を熱く語る。」
          「左と言われれば、左を熱く語る。」
          「言ったヒト以上に熱く 詳しく語る。」

          に、薄っぺらな自分を見透かされ、少し凹んでいたが。

          こんな素敵なBlogページを見つけ元気が出た。

            「専門知識から、咀嚼力が求められる時代」   木本隆志氏
          テレビのチャンネルでも「何かの解説をする」のは、今はもう
          専門家では無く「池上彰さん」になっているなとも気づきました。
          世の中の情報に求める「価値」の対象が変わってきた
           ・速報性から、まとめ記事が求められる時代
          「専門知識のある人の難しい言葉」より、
          「自分達に分り易く伝えてくれる人」を求めているのでは
          無いかと感じます。

          その通りと思います。
          私は専門家ではありません、但し情報キャッチャーとして
          最大限アンテナを伸ばし、受けたキーワードを自分フィルターを
          通し、咀嚼し伝える。

          とても、池上さんには敵わないが、目指すことは可能である。
          この年になって、今さら気付いてどうするか?と思われても良い

          これからも、色々なキーワードを探し、興味がある内容の場合は
          伝道師となって伝えて行きたいと思います。

          本で凹んで、Blogで凸   スッキリしました。
          立ち直りが早いのもこの血液型の特徴の様です。

          posted by: toyo | キーワード | 22:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          断捨離って
          0

            最近、本屋で良く見かけるキーワード「断捨離(だんしゃり)」

            「断捨離 (だんしゃり)」:物を断ち、捨てて、物から離れるという
            新しい片付け術のことを指すそうです。

            確かに、我が家にも いつかは使うだろうが、今は要らない?という物が
            いっぱい溢れている。

            以前、会社の効率化と言う事で「JIT(ジャストインタイム)」なる
            効率化活動が盛んであった。
            仕事を効率的に進めるために、身の回りの備品一つを取っても
            不要物を整理し、机の中をシンプルに整理する  ・・・云々の活動。
            本質は違う所にあったが  こんな活動も一つの内容だった。
            よく机上のペン挿しに様々なボールペン、マーカー、シャーペン 諸々 いっぱい
            ささっているけれど、結局使うのは1,2種類   後は捨てる?整理する?
            今は、やりすぎの割に効率化に繋がらなかったのか JITの活動は断たれ捨てられた。

            我が家でも「断捨離」したい物はなんだろう。
            洋服:いっぱいタンスやケースにあるが、結局着るのは毎回、近くにある物で
            後は、タンスの肥やし。  流行もあり 数年着ない物は今後も着ない。

            紙類:雑誌、カタログ、説明書、包み紙、袋、連絡プリント  ・・・
               ある程度は積んでおいて まとめてちり紙交換へ
            小物:これが意外に厄介で中々捨てられないが、ほとんど要らない無くても
            困らない物。
            中物:頂き物の台所用品や便利グッツ、ガサばる割に使わない。
            でも捨てるのもったいない・・・

            捨てる物はいっぱいあるけど、絶対に捨てたく無い物もいっぱいある

            今回のような、予想だにしない大災害
            絶対に捨てたく無い 大切な物は捨てたい物とは区別して整理しておこう
            と改めて感じました。

            捨てられない物ってなんだろう・・・

            posted by: toyo | キーワード | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            アンプラグドって
            0

               アンプラグドって本来は音楽用語のアナログ演奏が語源のようであるが
              Wikipedia:「プラグを抜いた」という意味
              個人的な解釈としては、アナログ生活と訳している。

              そんな中、国を挙げての、アンプラグド運動の計画停止による分け前の分配
              様々な問題はあろうが、基本的には賛成であり良い行動であると考える。

              本日は私の地域でも夕刻18:20〜22:00の計画停止予定で
              結局は19:00〜21:00の約2時間の停電であった。

              停電に備えキャンドル、キャンプ用の卓上ランプを準備して
              折角の機会なので、昔 キャンプの定番であった「チキンのトマト煮」を
              昼間から仕込み、この停電を逆に楽しむための準備をした。

              いざ、停電と待っていたが、予定時刻になっても停電なし、少し透かされた
              感じで、夕食を・・・と思った矢先に「バチッ!!」
              ランプの下での夕食となった。

              暗くなった、外にも出て見たが街灯の消えた街並みも、月明かりでかなり明るく
              懐中電灯も要らない位であったが、星も良く見えた。
              その後は、キャンドルの明かりで何年か振りのトランプをして時間を潰した。

              さすがに3時間の停電ではかなりのプレッシャーではあるが、2時間位の
              輪番停電とか今後も国策で計画的に進める働も等は良いと感じた。
              本当に必要な箇所もある事もあり、各家庭に呼びかけ自発的輪番停電制は
              どうだろうか・・・

              まずは「毎年 3/11は自発的アンプラグドの日」とする。

              話変わるがYahooニュースで各国絶賛。
              ・日本の秩序や防災対策を称賛 同じ地震大国・中国トップ報道
              ・負傷患者用の緊急輸血不足に平日にもかかわらず、献血に数百メートル
              の列ができた。
              ・なぜ略奪ないの? 被災地の秩序、驚きと称賛―米
              ・「今回もっと大きな災難の中でも秩序意識を失わない日本人に驚きと
              敬意を表する」

              世界に誇る日本  日本人に生まれてよかった。

              posted by: toyo | キーワード | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              エバンジェリストって
              0

                 評論家とかジャーナリストは、横文字ワードが大好き
                サラリーマンも多分大好きで、結構 多様します。
                このワードをわかって使っている人たちは良いが、わからずにまくし立てられると
                興ざめするし、思考が途切れる事がある。

                そう言う、自分もちょっと好きでちょくちょく使ってしまう。
                エバンジェリストって聞いたことあります?

                エバンジェリストとは:「伝道者」という意味で、何かを啓蒙する役割。
                                       最新のIT技術を分かりやすく説明する役職。

                まだ、若かりし頃 仕事の中でお逢いしたMS社のエバンジェリスト担当
                と仕事をした事がありなんか凄く出来る感じだった。
                そんなちょっと昔、憧れた言葉です。

                SNS(Facebook)やBlog環境を友人に勧める中、少しのハードルが…

                マスコミは、SNSとかBlogは簡単、お手軽で世界で何万人が…みたいな
                方向で仕掛けて来ますが、果たしてどこまで浸透しているのか。

                私自身、たまたま仕事や、好奇心が旺盛だったためにPC環境に接する機会
                があったが、その切っ掛けがたまたまなかった人にとっては凄くハードルが
                高いようだ。

                知っている人が「簡単だから登録して…」  これは決して「簡単ではない」
                知らない世界に、登録?コメント?複雑?不安?安心?何か書くの?

                ネットのある生活に不慣れであったり、PCを毎日起動し使用する習慣がなかったり
                この方々を、ネット生活に招き入れ、ネットが毎日の生活に組み込まれる時が
                初めて「ハードル」が取れる事かと考える。

                ここで、登場するのが先の「エバンジェリスト」、私の起業の切っ掛けでもある
                ネットを既に生活に取り組んでいる方々では無く、興味はあるけど中々、踏み出せ
                なかった方々に何か手助け出来る事は…   これが伝道師の役目

                いずれは、この方々がネットの世界に入ってきた時に新たなビジネスチャンスが
                生まれると信じて疑わない。

                エバンジェリストはあくまでも将来の糧になる、マーケティングの一環である。

                不安を取り除き、時間をかけて、導いていけるよう私も頑張ります。
                まずは一歩踏み出してください、新たな世界が広がります。(多分?)

                posted by: toyo | キーワード | 23:04 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                エンパワーメント
                0

                   今日 1月20日多くの先輩や同僚が会社を去って行った。
                  寂しい限りではあるが、第2の人生の門出が少し早まったと
                  思うことにする。

                  長らくの不況の中、少しの事では余り驚かなくなってきた。
                  危機管理能力が試される状況となってきている。

                  実際、サラリーマン生活が長いと自己責任や自己完結とかが
                  弱くなってくる。
                  組織が大きくなればなるほど、利益に遠い所で仕事をする事が
                  多くなり、漠然と固定費削減とか売り上げ達成とか言っている
                  ことが遠くの、他人事になってくる。

                  そんな状況の中で利益が出るはずもないし、景気が良くなる訳は無い。

                  今、私が最も気にかけている言葉
                  「エンパワーメント」
                  Wikipedia:個人が自分自身の力で問題や課題を解決していく
                             ことができる社会的技術や能力を獲得すること。

                  会社生活に於いても、今後の事業化に於いてもこの言葉を胸に
                  刻みながら行きたい。

                  今回、去って行った先輩、同僚にもこの言葉を贈りたい。

                  posted by: toyo | キーワード | 21:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  Wikipediaって
                  0

                      よく調べものするときに活用する事が多い、「Wikipedia」
                    最近、頻繁に「ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズからの
                    メッセージをお読みください」と出るが
                    少し邪魔だなと思いながら見過ごしていたが

                    最近、気になって、読んでみた。

                    広告もない。利益もない。行動計画もない このページは完全ボランティアで運営し
                    管理費用は寄付を募って運営との事、凄いサイトである。

                    ついでに、この創立者「ジミー・ウェールズ」をWikiってみた。

                    このサイトは専門家の書き込みがメインではなく、一般の方が更新を重ねて情報を
                    精査して成長するという、まさにネットワーク活用の見本のようなサイトだ。

                    逸話として、学生がテストの調べものWikiを使用し、誤記を引用したため誤答が
                    多数出たとの事、学生はウィキペディアを原典として利用すべきでなく、あくまで出発点とすべきと述べている。

                    ジャーナリズムは新たに情報を生み出す機能があるが、Wikipediaにはない。
                    Wikipediaは、既に存在している情報をまとめて、分かりやすく提示することが目的と述べた。

                    この考え方には、かなり共感出来る。

                    人気サイトになると、商用コミュニティサイトとして、お金を匂わせるが純粋にサイトの発展を進めているとの事。
                     
                    このレベルを「達観」と呼ぶにふさわしい。

                    自分はまだこの域に達するには、ある程度の資産?と余裕?が必要であるが
                    目標とはしたい人物である。

                    かなり人に影響され活きている、自分であるがまた一つ目標が見つかった。

                    数年後には 「CommStep創立者からのメッセージをお読みください」・・・
                                      かなり胡散臭くお金の匂いプンプンさせながら(苦笑)

                    posted by: toyo | キーワード | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    メンタルヘルス
                    0

                      特に資格マニアではないけど、何かの役に立つかな・・・と

                      今、巷で注目されている??メンタルヘルスマネジメント検定の
                      脅 ラインケアコースの受験をしてみた。

                      久々に、公式テキスト片手に 知らぬ言葉に目を通し、
                      今まで気にもしなかったが 世の中がギスギスしている現代 精神的疾患が
                      増えて、企業活動(マネジメント)にも影響しているとの事。

                      最も、気になったのがウツになる方は比較的、なるべき要素を持った方が
                      なるものかと先入観を持っていたけど。

                      前向きで明るい人が、ウツに陥りやすいと言う事を学んだ。
                      責任感が強く、まじめな人は特に要注意との事。

                      楽天的な自分には無縁かと思っていたが、気を付けないと。

                      WHOはうつ病が2020年には虚血性心疾患に次いで第2位となり、
                      経済的打撃は全ての疾患の中で最も大きくなると予想。
                      現在、厚生労働省の調査では日本人の15人に1人がうつ病の経験
                      があると報告されているが、これは自覚のある方で、予備軍はこの倍は
                      いると推定される。

                      まさに、現代病ではある。

                      ラインケア認定者の役割は、部下の様子をいち早くキャッチしケアして行く事のようだ、何らかの黄色信号をキャッチできるアンテナとコミュニケーションが必要。

                      実際、会社内でもウツで入院したり病院通いしている人は多い、
                      サラリーマンという狭い社会の中でのストレスであろう。
                      世間は知らないが、自営業者も凄いプレッシャーでストレスを感じている方も多いであろうと思う。

                      起業にあたり、「事業者の応援」をテーマにしている事もあり
                      じっくり向き合えるようケアできるような人になりたいと思う今日この頃。

                      検定結果は一夜付ではありましたが、合格証が届きました。

                      と言う事で
                      「ココロのスキマ、お埋めします。  但し代金は頂きます…」

                      古いけどわかる人にはわかるかな。(笑うセールスマン)

                      posted by: toyo | キーワード | 21:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |