Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ママさんバレー 2014年始動 今年の抱負は?
0


    ママさんバレー2014年の練習始めです。

    約2ヶ月振りの練習再開で体が重かった(汗)

    メンバー全員が漏れなく年を重ねて

    平均年齢もアラ50s    キレもワザも有りません。

    有るのはカラ元気だけです。

    今年の目標と言うか抱負は

    「ケガなく、ムリせず、楽しむ」これだけです。

    練習に先立ちミーティング

    昨年末に少しフォーメーションをいじったので

    そのフォーメーションについて改めて話し合い

    昨年はあまりにも負けが込んだので

    意識を変えるためにバランス重視からディフェンス重視に変更

    するとやっぱり、オフェンス力が極端に落ち

    今年は元に戻し、微調整位の位置変更に決定。

    ミーティングの中でチョット深いい話が・・・

    今までと違うポジションを経験したために

    自分の良さ悪さが客観的に見えたようで

    「試合で熱くなるとポジションを忘れ前に前に出てしまう」

    「フォーメーションの中での穴が見えた」

    そんな前向きな意見が出ました。

    これはフォーメーションをいじった効果です。

    悪い所が課題と見えました。

    その気付きを試合中に皆で声かけして修正して行けば良いのです。

    今までは自分に必死で周りが見えてませんでしたが

    見えるようになって気持ちに余裕が出来ました。

    今年も楽しく過ごして行きます。

     


    久々の運動で心地よい汗をかきました

    やっぱりスポーツは楽しいですね、でも数日後の筋肉痛が(恐)


     
    posted by: toyo | ママさんバレー強化策 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    勝負の勝敗を左右するのは「モチベーション」
    0



      身も蓋もない話ですが


      勝負の勝敗を左右するのは「モチベーション」と結論付けざるを得ません。



      これはある一定の条件の元になりますが



      一定の条件とは最低限の努力と技術を兼ね備え



      相手のチームもある程度同等の場合ですが



      ここでも書きましたが



      我がママさんバレーのチーム、今年度は一勝も無く



      悩みに悩んでいた最終戦、何故かハマりにハマり最終戦で今期今季初勝利です。



      これは技術的な物でも無く、急に上手になった物でも無く



      相手が下手くそチームでも無く、むしろ格上の相手でした。


      何が違ったかと言うと、開き直り?での勝ちたい気持です。


      1セット目はガチガチの緊張で体も動かず負けてから


      スイッチが入り、アドレナリンが出まくり2セット連取でした。


      このモチベーション維持のための「アドレナリン」のコントロールが勝利のカギです。


      「ミスして怖いな」と言う気持ちから「全部取るから来るなら来い」と言う


      気持ちをコントロールして行くことで、気持ちが高ぶります。


      さて、どうすればこのアドレナリンをコントロールする事を来季のテーマにして


      勝利への一歩に近付けて行きます。



       


      ちなみに息子の部活では、一番苦しいアップ時に好きな音楽をかけて


      気持ちを高ぶらせるそうです。


      そうすると体が反応して、その楽曲を聞くとテンションが上がり


      アドレナリンが出て気持ちが高ぶリ火事場の力が出るようです。


      どうにか応用したいものです。

       
      posted by: toyo | ママさんバレー強化策 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ママさんバレー勝利への道 今期最終戦
      0

         

        実は、去年の最終戦での優勝以来
         

        今年度はセット勝利はしているものの


        まだ一勝もしておりません。


        何が変わったかと言うと


        実は何も変わっていません、


        むしろ練習に熱が入って勝利への拘りが強くなった位です。



        何が良くて何が悪いか分かりません。


        練習や試合をやればやる程、悪い深みにはまって行きます。


        今年度の後半にい、チームカラーの維新をすべく


        フォーメーションをいじりました。



        今までは、攻守のバランス重視の無難なフォーメーションでしたが


        チーム内で話合い、デフェンス重視に方向転換です。


        と言う事は、多少 攻撃力とブロック精度は犠牲になります。


        そんな布陣で臨んだ、今季最終戦の大会


        1セット目はアッサリと取られて、早くも敗戦ムードです。


        でも、最終戦は去年の勝利の良いイメージがあります。


        しかし、チーム内がガタガタで余計な力も入っています。


        そこで、2セット目は昔のフォーメーションに戻して見ました。


        すると何故か急にスイッチが入り


        走攻守がハマり出しました。


        連続サービスエースも決まり出します。


        自然といるところに、アタックボールが来て穴もありません。


        選手とベンチもアドレナリン出まくりです。


        相手チームも決して弱い相手ではありませんが


        その後の2セット連取で、最終戦で今季初勝利です。


        この調子で次も勝って「優勝だ」と張り切りましたが


        次の試合が連チャンでした。


        1試合目でアドレナリン出まくりで、通常以上の力を出し過ぎたために


        2試合目はバテバテ、足をつる人も続出


        頑張って粘りましたが、相手の若さ(体力)には叶わず


        敗退してしまいました      で、今季はTheENDです。


        それでも、全員が苦しい一年間を最終戦での勝利で飾れ


        課題はいっぱい残しながらも


        清々しく反省会と言う飲み会に突入して行きました。


        セオリー通りに行かないのがスポーツですが


        改めて難しいです。

        posted by: toyo | ママさんバレー強化策 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        スポーツは見てるだけじゃつまんないママさんバレー混合大会編
        0



          スポーツは見るのも楽しいけど、

          やはりする方ががぜん楽しいです。


          と言う事で、今週末はママさんバレーの混合大会です。

          混合とは基本ママさんバレーチームに男性が3名まで入れ
          男性はアタッカー以外のポジション
          サーブも下から、アタックはバックアタックのみ    と言うルール。


          私のポジションはセッターです。

          針の穴をも通す精密機械?と呼ばれたかどうかは別にして
          アタッカーの打ちやすい好みの場所に正確にあげるのが私の仕事です。


          個人的に好きな攻撃スタイルとして
          「レシーブ&アタック」を最重視しています。



          自分で気分良くレシーブ出来たらそのまま連続でアタックまで任せます。
          一連の動作で流れを作って気分良く打たせます。

          休む暇を与えません(笑)


          即席チームなのでポジショニングや役割はチグハグです。
          手探り状態ですが、気分良く流れを掴んでこちらのペースに持ち込めれば


          一勝位は出来るのではと踏んでいます。


          やっぱりスポーツは見るよりやる方が楽しいです。
          皆さんお年を召して体力は落ちてますが気持ちで頑張りましょう。


          結果レポートをお楽しみに。


           
          posted by: toyo | ママさんバレー強化策 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ママさん 保護者ソフトバレー勝利への道 結果報告
          0

             

            ソフトバレー勝利への道 最終章です。

            結果から報告します。
            1勝2敗で結果からは惨敗でした。

            しかし、自己満足では
            楽しく、チームワークとしてはNo1チームでした。

            他のチームとの違いとしては、
            全員が参加出来る全員攻撃の大変良いチームワークです。

            負けた2試合はどれも僅差ゲームで
            この僅差ゲームを物に出来なかったのは詰めが甘いですが
            ワンマンチームに付き合ってしまい、対策遅れでズルズルです。

            相手チームは憎いほど
            ハーフセンターの一人だけが全部器用にこなし
            全てのボールに絡んで来ます。
            対策として振り回せずにこちらが振り回されました。

            本当に勝つという事は理屈無しにガムシャラに勝利ですが
            何故か、勝ってもチームとしてどうなの・・・と思う部分も

            チームとしては優勝を逃しましたが
            もう一つ、チーム全員が楽しめる親睦と言う意味では優勝です。
            他のチームからの応援も多かったきがします。

            チョット負け惜しみのへ理屈ですが
            これも、一つのチーム作りの基本です。

            要領は分かりました、次回参加する時は
            ワンマンチーム対策をしっかり考えてリベンジです。

            posted by: toyo | ママさんバレー強化策 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            保護者ソフトバレー勝利への道 決め事が重要
            0

               

              ママさんバレースピンオフ企画?(笑)

              保護者ソフトバレー大会勝利への道 第二弾です。
              お盆中にも関わらず多くの人が練習参加しました。

              チーム内のフォーメーションはきまりました。
              オフェンス(攻撃)よりもデフェンス(守り)を
              重要視して取って取って取りまくります。

              一応、9人制の変則ソフトバレーなので
              センターハーフを中心に十時の方向に器用な人を配置し
              縦横の穴を無くします。(これは前回に報告すみ)

              今回は約束事、決め事をチーム内で統一します。
              .譽掘璽屬セッターに行かない場合のセカンドボールは
              直接相手コートに返す。

              ∪簑个望り合わない。多少出しゃばってでも取る

              この二つは意外に重要です。
              .札奪拭式奮阿諒が無理にトスを上げても、
              アタッカーは撃ちにくいボールになり逆にミスを誘発します。
              それならば、ミスしない確率の高い方を取ります。

              即席のチームですので、皆さん譲り合ってしまい
              お見合い状態でボールを落とすケースが多いです。
              譲るミスなら取りに行くミスを選びます。
              譲り合いからは何も生まれません。

              あまり多くを望むのは難しいので、
              この2点だけはチーム内で統一して行きます。

              攻撃よりもミスをしないチームが必ず勝ちます。
              相手のミスを待てるチームが強いチームです。
              そのために大会前にもう一度練習会が有ります。

              即席チームながらのチームワークで頑張りましょう。

              posted by: toyo | ママさんバレー強化策 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ママさん 保護者ソフトバレー勝利への道
              0

                 

                保護者会で8月末にソフトバレー大会があり
                参加のお呼びが掛かったので喜んでOK。

                ママさんソフトバレーのお遊大会と思いきや
                地域対抗でかなりガッツリの大会らしく
                大会を前に数回の練習会があるというので参加して来ました。

                流石に参加者は数名を除き普段の運動不足も有り動きはギクシャクでした。

                そう考えると、所属ママさんバレーチームメンバーは
                体力的にも動きもキビキビしている感じでした。

                こちらのソフトバレーは即席の素人チームですが
                その中でも、決勝に残れる位の、戦略を立てて見ます。

                今回の大会は9人制ソフトバレーで普通のバレーコートサイズです。

                チームコンセプトは、「ディフェンスチーム」
                攻撃はソコソコでレシーブを取って取って取りまくります??

                多少の経験者と動きの良い選手を中心線に配置します。
                セッター、ハーフセンター、バックセンターとこの列を固めて、ハーフ列両側に男性陣を配置

                この布陣でフォーメーションを固めたら
                形になって、バタバタしない落ち着いたチームになりました。

                ちょっといけそうな感じです(汗)
                後、練習は2回程で大会が有ります。

                「ママさんバレー強化策」のスピンオフ企画として
                「保護者ソフトバレー勝利への道」を連載します。

                気楽にお楽しみ下さい。

                posted by: toyo | ママさんバレー強化策 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ママさんバレー メンタルの責任にしてはダメ
                0



                   コーチングする上で言ってはいけ無い言葉
                  「調子が悪かった」「メンタル的に弱かった」

                  これを言っちゃお終いよ・・・
                  それではコーチや監督は必要有りません。

                  年末の大会で優勝してから確実に強くはなって来ていますが
                  今年度は負けが重なっています。

                  相変わらずですが、悪く無いですが決して良くないです。
                  確実に、選手及びコーチ陣がスランプです。

                  試合の中で
                  調子が悪いなら、悪いなりに
                  スランプならスランプなりに
                  コントロールするのがベンチワークです  ・・・

                  本日、群市大会の予選会がありましたが2連敗でした。
                  完全にベンチも迷ってしまいました。

                  迷っているという事は課題や指示が出来ていない
                  決まりやルールが曖昧という事です。

                  コーチ陣の課題も見えてきました。
                  指示や課題を具体的に決めて挑みます。

                  選手は実力以上の力は出ません、載せるも活かすも
                  周りのバックアップです、全員攻撃で乗り切りましょう。

                  後半戦に向けて徐々に上げて行き、
                  年末には勝利の美酒を頂きましょう。

                   

                  posted by: toyo | ママさんバレー強化策 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ママさんバレー レシーブリスクを考える
                  0



                     これはあくまでもママさんバレーだけの想定です。
                    レシーブのリスクとして、自分のポジションより
                    前ボール(低め)と後ろボール(高め)どちらが取りやすいですか?


                    まだ運動神経の良い学生達で有れば前ボール(低め)にも
                    充分反応も出来るので、後ろボール(高め)もケア出来るよう
                    後ろから前に突っ込むポジションを取り前後を守りますが

                    これがある程度加齢?で動きが鈍くなったりしますと
                    前ボール(低め)の捕球は恐怖心も出たり、一歩が遅れたり
                    するためにレシーブミスのリスクが高まります。

                    逆に人は反射神経的に自然と顔を守る防御本能は働きます。
                    という事は、後ろボール(高め)には比較的反応し
                    顔付近のボールは手のひらパンチングでどうにかなります。

                    まとめます。
                    若い選手の場合は後ろポジションを取り、前後を広くケアしますが
                    熟年選手は一歩前気味にポジションを取り、前方向に専念し
                    後ろボール(高め)はパンチングに徹します。

                    そうすることで、動きの鈍った運動神経をフォロー出来ます。

                    ちょっと慣れないと怖いですがレシーブは「一歩前へ」

                    posted by: toyo | ママさんバレー強化策 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ママさんバレー 課題の次は新たな課題
                    0



                      課題を克服しながら、強くはなって来ていますが
                      最後まで勝ちきれない時もあります。

                      先日、地区予選を勝ち、本戦の郡市大会でした。

                      結果は一回戦敗退でした。
                      第一セットは順調に勝利、その流れでと思いきや
                      2セット、3セット連取されフルセットの末・・・

                      決して気を許した訳でも無く、
                      今回の大会は本気で優勝を狙っていました。

                      今回の敗退はコーチ陣もかなりショックでした。
                      選手達も今回はこたえたらしく、その後の打上げでも
                      珍しく反省会をしていました。(苦笑)

                      こんな時にコーチ野郎連中は後を引きずってましたが
                      女性群は切替が早いです。

                      「今回ダメでも次が有る、
                      新たな課題が見つかってラッキーと思いましょう。」

                      逆に励まされる始末です。

                      いずれにしても次の課題は見つかりました。
                      次の8月の大会に向けて出直しです。

                      課題その1、
                      ポジショニングの規律再確認。

                      自分の守るべきポジションを再確認し、相手チームの状況によりシフトを変える。(攻撃力の強いチームと攻撃力の弱いチーム)

                      課題その2
                      チャンスボール返球は相手の嫌な所に送り込む
                      スポーツマンシップからは反しますが、強いチームは必ずウイークポイントを突いて来ます。

                      数点差の勝負を制すると言う事は、自分達がやられてイヤな所を逆に突くと言う事です。

                      これも試合巧者の戦術です。

                      ここを重点的に特訓して次回の試合にのぞみます。
                       

                      posted by: toyo | ママさんバレー強化策 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |