Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2015 IT Expo春 in ビックサイトレポート
0


    お天気にに誘われ、今年も行ってきました「IT Expo春 in ビックサイト」

    今年の感想から

    ここ数年と比べて、業界全体が元気になった来た感じです。

    昨年までは少し縮小傾向(ブースの派手さや構成)でしたが

    少し盛り返してきた感じがします。

    特に、アジアの勢が盛り返しが激しく今年は、インド、ベトナム、韓国が元気でした。

    やはり、韓国やアジア系は何でも有りの自由発想なので面白いアイディアや商品がいっぱいです、アジアのベンチャー系は見ていて楽しいです。

    では、気になったキーワードレポート

    ,泙気暴椒優燭「マイナンバー」

    10月からの導入を控え、IT業界は騒がしい(笑)です。

    まだ、具体的な使い方はセキュリティーの関係上限定的な部分も有るのでしょう。

    表立った、ソリューションと言うのは少ない感じでしたが「マイナンバーセキュリティー」系の展示が多かったですね。

    やはり制度の利便性と安全は切っても切れないですね。

    個人的には、会計業務の利便性に注目して行きたい所です。

    「ビーコン」のソリューションが具体的に
    ビーコンとは光や電波などを発する固定された装置などのことで、その信号を受信した電子機器などが現在地を知るのに使われる。

    この技術的にはかなり昔から有りましたが、現実的では無かった感が有りましたが機器や技術、コスト面がかなり進んで来て、近くまで来ている感じです。

    色々な応用が利く分野なので、楽しい事から人のためまでアイディア次第で大きく広がりそうです。

    Apple社iPhone機能の「iBeacon」で通信規格化が進み参入障壁も低くなって来ています。

    ちょっとワクワクする分野ですね。

    5い砲覆辰討呂い襪韻「IoT」
    IoTとはコンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々なモノに通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うこと。

    最近よく聞く言葉で興味は有るけど、まだ腑に落ちていません(笑)

    結局は既存技術の集まりを総称している感もあり、何処から何処まででどの部分を差して、どんな問題解決をしてくれるか・・・

    センサー系で大量のデータを溜め込み分析して有効活用する    こんな理解カナ?

    自分の中ではもう一歩踏み込んで噛み砕けていません。

    一昔前の「クラウド」と同じような感じですか?

    色々な概念をひっくるめて

    煙に巻く戦法?キーワードなのかも知れませんね。

    なので、頭で理解せずに感じて行こうと思います。

    ウェアラブル
    「ウェアラブル」とは - 腕時計型やメガネ型など、直接身に着けられるほど小さい コンピューター等を指す。

    Apple Watchやグーグルグラスに代表されるウェアラブル端末、巨大メーカーの一人勝ちかと思いきや、各社それぞれウェアラブル端末を販売しているのには驚きました。

    でも、宣伝力、開発力、資金力で大手を食うには厳しそうな・・

    しかし、新たな分野ですので新興メーカーが出てくるのかな・・気になる所です。




    その他、細かい商品で気になった物
    ・スイカの残高表示用パスケース
    ・TV会議の応用版で数十名(約20名位)の顔をPC上にリアルで表示して集合セミナーを行うソフト
    ・スマホ用プリンター(レジのレシート印刷をイメージして下さい)












     
    posted by: toyo | Expoレポート | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    2014 秋 IT EXPOレポート
    0

      『2014 IT EXPO in 幕張メッセ』の気になった製品のレポートです。

      全体的には目新しい製品はあまり無かった印象ですが

      その昔高額だった商品がお手軽になって再ブレークしそうな商品が目につきました。

      この辺は大手には出来ない、ベンチャーや中小企業の得意とする分野の様です。

      Golo3  http://www.cnlaunch.com/en/
      担当営業のお話ですが、最近の車にはオンボードで車の情報を取り出せるコネクターが標準で付いているそうです。
      エンジンの状態、走行距離、電装系状態・・・諸々
      この情報を取り出して分析や管理に使う製品だそうです。
      会社は中国系の様ですが、これが本当に国際標準の規格であるので有れば、様々な応用が出来そうです
      アイディア次第では、標準規格なので一社独占では無く、様々なベンチャーが製品化が進めそうな予感です。


      営業車の管理、保険金額査定、車両診断、ワイヤレスでも情報が飛ばせるのでマップ走行リアルレポート    ‥などなど

      ちょっと、注目してみます。

      Yubikey  http://yubikey.yubion.com/html/home.html
      パソコンのログイン認証機にワンタイムパスワード発行ツールです。
      この技術は昔からありましたが、値段と使い勝手の問題も有り、
      一時期よりトーンダウンしていた商品です。(だったと予想します)


      しかし、この商品は
      値段が安い(7000円位)、ネットワーク環境が無くても完結できる。
      技術的には、PC内部にインストールしたソフトでロックを掛ける
      昔から有った技術ですが、シンプルで用途を絞り、PC単体で完結出来る
      指紋認証機より安い、複数人で管理が出来る・・・
      この商品はプチヒットしそうな予感がします。


      UFB-Tri  http://www.dds.co.jp/product/ubf_unit/
      パソコンの指紋認証機です、ログインパスワードを指紋認証で行うツール
      これも、一時期流行りましたがちょっと高額だったのがネックでした。
      それでも、もう一歩安くなってほしい所ですが2万円位まで下がり
      コンパクトになりました。


      ビデオ会議システム
      こちらは色々なメーカーが参入してました
      大手ではかなり導入も進み出張費も合理化されつつあるようですが
      ネックは高額だった所ですね。


      ネットワークも高速化し、ハード技術も進歩し、値段が格安に
      月額数千円で何度も使える製品や使った分だけ課金する製品   諸々


      いずれにしても、新幹線代の片道代金位で使える製品が増えたので
      中小企業でも拠点間ミーティング的に使う用途は増えてくると予想します。
      ウン十万とかの投資も不要なので、取りあえず入れて試す・・・的な使合い方も
      出来ると思います。


      メーカーズチケット  http://www.makersticket.com/
      有りそうで無かった、無さそうで有った・・・と言う感想です。
      工業系製造業者と製造希望者(試作依頼等)をマッチングするクラウドサービスです。
      具体的にはこれからスタートらしいですが。
      試作品を開発、加工したい依頼主が加工を請け負ってくれる工業屋さんに
      ネットを通じて依頼する、運営会社はその間のチケットを発行して課金をする仕組みです。


      依頼できる内容には、工場見学、機械貸出、場所提供、全体(部分)設計、加工
      が有り、現在は加工会社のパートナーを募集している段階の様です。


      言うなれば、弊社がプロモートしている「土男&鉄男」の様な農家さんと工業屋さんの
      マッチング的な感じです。


      実現には色々な壁や関係性も有るでしょうが、注目して行きたいサービスです。

      ナ現餞浜、ワークフローシステム
      これは意外な所でしたが、一時期ISOブームの時は文書管理が盛んで
      この手のソフトがいっぱいありましたが、その後 クラウド化による
      無料のファイルサーバー(GoogleDrive,iCroud、Evernote  等)の
      出現により息を潜めていましたが、まだまだ需要は有るようでした。


      弊社も、文書管理システムツールを商品ラインナップとして販売してますが
      様子を見ながらリニューアル販売しようか考えてみます。




      ざっとこんな感じです。

      posted by: toyo | Expoレポート | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      2014年IT EXPO秋 in 幕張メッセ行って来ました。
      0


        今年の秋も行って来ました。『IT EXPO in 幕張メッセ』

        先ずは全体的な感想から

        過去のIT EXPO経験から見てもかなり規模が縮小した。

        その昔、繁栄したメジャーメーカーはほとんど出店が無く

        世代交代か小中規模のメーカーがほとんど

        一時期アジアのメーカーも元気だったが、ほとんど目にしなくなった。

        日本のマーケットが縮小したのか

        海外のメーカーが縮小したのかは定かでないが

        バブルの象徴だったIT業界も

        再編による淘汰が進んで利益の出し難い状況になって来ている。

        大きな所では出尽くした感じで目新しい物は少なく

        隙間をベンチャー系中小企業が狙っている感じです。



        派手な世界を見て来た世代には少しさみしいですが

        今だから出来る事は改めて考えて行きたいです。


        さて、気になったワードや製品を

        『ゲーミフィケーション』言葉とすると数年前から有りましたが

        具体的なソリューションとすると成熟して来た様です。

        内容とすると、Webサイトに訪れて頂くためにゲーム感覚で楽しみながら興味を引く仕組みとでも言いましょうか。

        サイトを見るたびに、コインが溜まったり、占いが出来たりとか、育成ゲームが出来たり

        ゲーム業界も違う分野に本格参入の見込みです。

        『セキュリティー系』これは最近と言う訳では無いですが、

        ひと昔前は高額だったツールやソフトも購入し易く安くなって来て

        様々なベンチャー企業が元気でした。

        その他、詳細の商品は頂いて来たパンフを整理しながらレポートします。


        posted by: toyo | Expoレポート | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        2014 IT Expo レポート2
        0


          IT Expoで気になったレポートです。

          会場で盛んに宣伝していたキーワード

          「レスポンシブデザイン」
          PC、タブレット、スマートフォンなど、あらゆるデバイスに最適化したWebサイトを、単一のHTMLで実現する制作手法です。ブラウザーのスクリーンサイズを基準にCSSでレイアウトを調整することで、デバイスごとに専用サイトを用意することなく、マルチスクリーンに対応したWebサイトを制作できます。

          特に飲食店系HPはPC閲覧と言うよりもスマホ閲覧需要が多いのが伺えます。

          「ABテスト」
          今回この言葉は恥ずかしながら初めて聞きました。

          A/BテストとはHP最適化の一部のことを言います。2つある選択肢のうち、どちらがより良い結果をもたらすことができるのかを見極めることです。
          様はHP上にA,B2種類のページを用意し、より多くの人がターゲットページにアクセスしたバージョンの方が最適と判断するためのテスト法です。

          「通販 外貨決済サービス」
          海外製品を通販で買うだけでは無く、通販ビジネスを海外にも打って出たい企業向けの決済代行サービス。

          「HP多言語対応サービス」
          Webの世界はグローバルです、国内向けだけでなくEC諸国、アジア、英語圏様々な言語に翻訳対応してくれるサービス。

          「炎上保険」
          いつかは出ると思っていましたが、やっぱり有りました。
          炎上の「監視」「相談」「レポート作成」「風評被害時には割引対策」・・・
          これからもこの手は増える可能性が有ります。

          「ルータ機能付きIP電話ステーション」
          有りそうで無かった?有ったかな?知らないだけかな
          自宅や事務所で不在時に受けた電話を自動でスマホに転送(しかもパケット通信網なので無料)
          FAXもスマホで確認可能。
          これは間違いなくヒットの可能性大、この様なスキマビジネスは台湾や韓国が得意分野ですね。

          「iPad活用のPOSレジ」
          これも、昔からありましたが競争も激しい激戦区の様でしたが、値段も使い易さもアップして来て
          検討している飲食店はそろそろ導入検討の時期かもです。
          ソフトは無償の所も有り選択肢が広がって来ました。

          「PC本体」
          個人y的にはWindowsPCはパナのレッツノートかDell系PCが好きですが。
          PCメーカーはあまり目にしませんでした。
          唯一目立ったのがDellで、こちらはネット販売が主なので実機をあまり目にする機会が少ないですが
          ウルトラノートを手にしましたCoolでした、次はこれを狙いたいです。





          その3に続く・・・  かな?
          posted by: toyo | Expoレポート | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          2014 IT Expo in ビックサイト
          0

            5月の良き日に毎年恒例のIT系Expoに行って来ました。

            当然のBlogネタなので出張レポートの様に残します。

            2014 Japan IT Week春 in ビックサイト
             

            今回の興味対象キーワード
            UTM、VPSサーバー、業務系ソフトの充実度と汎用度、海外動向

            全体的な感想
            ここ近年に無くワクワクするExpoでした。

            ハード的には落ち着いた感は有りますが、
            ソフト系のニッチな分野が多く有り
            気付きや「なるほどそう来たか」ってウナル製品が多かった気がします。

            詳細は追ってレポートします。

            海外動向としては、中国、韓国の時代は終わり?
            これからはミャンマー、ベトナム、インドですね。
            勤勉で真面目なお国柄でオフショア系の人気が高いそうです。
            いつかは検討したい相手です。

            今、まさにホットな案件で勢いがあるのはUTMです。
            これも説明すると長くなるので後で書きますが
            中小企業はファイヤーウォールとして絶対導入すべき案件です。

            ネットの脅威から守る機器で製品的に安くなったので
            セキュリティが甘い中小企業が保険的に導入するケースが増えています。

            個人的には今、最も熱い?のでUTMと言う言葉だけチェックして置いて下さい。


            UTM【 UnifiedThreatManagement 】統合脅威管理
            複数のセキュリティ機能を一つの箱に詰め込んだ機器である。
            ファイアウォールやウイルス対装置、侵入防御システムといった
            企業ネットワークを守るために必要な各種セキュリティ機能を
            一台のハードウエアに搭載している。

            posted by: toyo | Expoレポート | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            IT EXPO2013 in 幕張レポート
            0


              ちょっと遅れましたが、EXPOレポートです。


              と言っても大きなニュースや新製品も無く少し寂しです。
              こんなキーワードが多かったです。
               

              ・レコメンド 【recommend】
               オンラインショップなどで、利用者の好みにあった物品やサービスを推薦する手法。利用者の購入履歴やアンケート、好みが似た他の利用者の情報を分析し、適切な物品やサービスを絞り込んで推薦することにより、売り上げを高めるのがねらい。
               

              ・ネット上の悪評被害対策
              ネット上の企業情報についての炎上や悪評をリサーチして対策を講ずる。
               

              ・AR【Augmented Reality】
              AR(拡張現実)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。
              簡単に言うと、スマホで画像を映すと、画像を判断してWebページに飛んだり、アプリを起動したりする機能。   バーコードの進化版?と捉えて良いと思います。


              AR技術は少し前から出ていましたが、この分野はアイディア次第でまだまだ面白い技術に進化しそうな気がします。
              まだ、アプリ開発には敷居が高そうですが、汎用プラットフォームやツールが充実してくれば様々な業種に活用出来そうな気がします。
               
              例、バーコード管理が出来ない資材やさんが、製品をレジで画像をスキャンし値段を確認。


              製品的には特筆する製品は残念ながら有りません。

              全体の雰囲気的には、IT単体のEXPOよりも異業種EXPOの中のIT関連と言う見方で

              まったく関係のなさそうな異業種EXPOを見学する事で様々な組み合わせアイディアが生まれてくる気がします。


              単体Winから連携Win-WinビジネスがEXPOからも見て取れます。

              技術的には飽和状態ですが、まだまだ未開拓業種とのコラボは無尽蔵です?


              EXPOマニアとしては視野を広げて参戦をして行きます。
               
              posted by: toyo | Expoレポート | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              IT系 EXPO2013 秋 in 幕張メッセ
              0

                 

                27号28号のダブル台風接近間近の週末
                最新情報の収集に幕張までお出かけして来ました。



                全体的な感想から
                年々規模が小さくなっている気がします。
                Bigネームメーカーが出展していないのか、出展する物が無いのか?
                大きいブースが少なくなって、細かなブースが多かった印象です。



                数年前までは、海外のメーカー(特にアジア)売り込みも活発でしたが
                ほんの数社見かけた位です。



                台風の影響もあってかお客さんも少なく、
                コンパニオンのお姉さんもあまり多くなくて販促品も地味でした。



                こんな内容ばかりで、IT業界もネガティブな印象ばかりですが
                これが現在の業界の状況を反映しているのかも知れません。



                昨年の模様はここで書きましたが



                それよりもさみしくなって来ています。


                細かなレポートは改めて書きたいと思います。

                posted by: toyo | Expoレポート | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                2013 EXPO第二弾 教育ITソリューションに行ってきました。
                0

                   

                  5月はEXPOマンスリーです。
                  先週のIT系総合EXPOに続き、
                  今週は「教育ITソリューションEXPO」に行ってきました。

                  率直な感想としますと、
                  先週のEXPOに比べ規模半分、人出も半分以下ではありました。

                  しかし、専門分野に特化しているのでわかり易い内容でした。

                  今回が第四回目と言う教育系のIT化、
                  色々な部分で遅れている分野かもしれませんが
                  遅れている分、入り込む余地があるらしく

                  狭い領域に多くのメーカーがひしめいている感じでした。
                  学校IT系は公立の場合は、様々な障壁が有りますが
                  私立中高とか大学、予備校、塾系で有れば新しく楽しい機能が試せそうです。

                  層別して見ると
                  ・教務用グループウエア
                  ・電子化授業(生徒用iPadと教師用PCの同時画面化)
                  ・防災連絡網
                  ・eラーニング

                  IT系では無いですが
                  ・ノベルティー(卒業記念品)や印刷屋さんのアイディア商品

                  気になった製品としては

                  説明が難しいですが「磁気ループアンプ」と言う製品には
                  大きな可能性を感じました。
                  音声信号をスピーカーで なく、電磁として伝える
                  公共施設等でイヤホンに無線で送信するシンプルな仕組みです。
                  ネットワークジャパン

                  posted by: toyo | Expoレポート | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  2013 Japan IT Week 春EXPO レポート
                  0

                     

                    半年振りの東京ビックサイトです。
                    日本国内最大の1400社が一同に介すIT系 EXPOに行ってきました。

                    気になった製品のレポートです。

                    ありそうで無かった、無さそうで有りました。
                    スマホの防水カバーは様々ありましたが、水中でもパネル操作や電話、写メ撮影まで可能なカバーです。
                    やっぱりこの手のアイディアは韓国が強いですね。
                    これならば、農作業のドロドロの中でも、
                    油作業のオイル付着の手でも操作が可能です。
                    http://www.dicapac.com/
                    業種ピンポイントで絶対に売れると思います。

                    スマホとGPSを組合せた仕組みは色々とありますが
                    かなり特化し絞り込んだ分かり易いソリューション製品です。
                    自動お知らせ機能付き地図アプリ
                    送迎バス等が近くに来たら知らせてくれるアプリ
                    運転手の運行状況をアプリで使用者に通知、
                    費用は運転手側のみで参照する方は無料
                    http://www.kcc.co.jp/
                    幼稚園の通園バスにも使えそう、売り込みますか。

                    直接IT系では無いですが、通販ソフトのコーナーにこんな物も
                    エアー包装用の「AIRBAG」
                    http://www.pacwell.co.jp/product2-c.html
                    中でも面白かったのはワインボトル等のAIRボトルバッグです。
                    これは良い、ボトル以外でも壊れ物搬送に最適です。
                    これも是非、代理店契約したい製品です。

                    最後に、これもありそうで無かった逆転の発想です。
                    会社内で使う社内電話を個人持ちスマホにアプリを入れて
                    オフィス電話をまるごとスマートフォンに  と言うアプリ。
                    もちろん通話料は無料です。
                    http://www.necinfrontia.co.jp/
                    これが有ればPBX(構内交換機)と内線端末が不要になりますね。
                    確実にコスト削減につながりますね。

                    後、複数社から出てましたが、iPadを使用した
                    レジPOSシステム(Bluetoothバーコード、感熱プリンター)
                    これを使えば、飲食店レジスターが不要になり商品売上情報も
                    クラウドサーバーに保存出来いつでも加工が可能になり
                    そのまま出納データと商品分析データとして活用出来る。
                    (お金の入れ物  レジのガシャーンと出る奴もセットで有り)
                    飲食店では絶対にトレンドになると思います。

                    以上、レポートでした。


                     

                    posted by: toyo | Expoレポート | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    2013 Japan IT Week 春EXPOに行って来ました。
                    0

                       

                      半年振りの東京ビックサイトです。
                      日本国内最大の1400社が一同に介すIT系 EXPOに行ってきました。

                      IT系の展示会はかれこれ約30年位は通っています。
                      90年代はまさにIT系が活況の時代でありましたが
                      ここ最近は吹けど踊らず状況で 人も企業も頑張っているが
                      キラーコンテンツが不在で盛り上がりが掛けていました。

                      今年はと言うと、人の量はハンパなかったです。
                      製品的には成熟分野のため大きな革新製品は少ない中でしたが、
                      盛り上がりに関しては活況でした。

                      これもアベノミクスの影響か、まだ実感はありませんが
                      経済は気持ちの高揚感も必要です、一時のバブルを思わせる
                      盛り上がりでは有りました。

                      確実に昨年までとは違いました。

                      全体的な感想としては、
                      スマホ&タブレット系アプリも一巡して大きな変革は有りませんが
                      各社成熟した製品になって来ている気がします。
                      流行りに乗って浮かれて導入する時期は終わり
                      しっかり成熟した製品を選択出来る環境が整ってきた感じです。

                      表現は難しいですが、弊社がお客様に自信を持って提案出来る様なシステムが増えて来た感じです。

                      独自のアプリケーションとの連携を意識した製品が多くなり
                      各社が強みを活かした製品をモジュール的に組込み一つの製品に
                      仕上げて行く環境が整って来ました。
                      これには何かワクワクして興味深く見させて頂きました。

                      我々の様な小規模ベンチャーでもソフトを連携しながら
                      お客様のニーズに有った複合的な仕組み作りが可能になった感じです。

                      ソフトウェアも大企業独占の時代から中小企業が連携する時代に入って来ました。

                      これも時代の流れですね。
                      ソフトウェア環境は整いつつ有ります、
                      これからは如何にニーズをキャッチするかの御用聞きしながらの
                      提案型ビジネスが勢いづくと確信します。

                      気になった製品は後日レポートします。

                      posted by: toyo | Expoレポート | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |