Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
いい人と思われるための努力は怠らない
0

     

    毎週録画して見ているTV番組に鶴瓶さんの『A-Studio』があります

    先日の録画を見ている時に
    自分自身に言い得ているワードが出て思わず納得してしまいました。

    4月19日放送の『A-Studio』

    『3年B組金八先生』第5シリーズの兼末健次郎役
    NHK連続テレビ小説『純と愛』に出演して以降、注目を集めているジャニーズ  風間俊介さん

    その彼が自分自身の事を
    「いい人と思われるための努力は怠らない」と発言

    ウーン、まさに自分の事のようです。

    鶴瓶さんのコメントも良かったです。
    「一件ネガティブ思考の様ですが、この努力はすごく前向き」

    余り口に出して堂々と言える言葉では無いですが、何か共感し一人でスッキリしました。

    posted by: toyo | 私は誰? | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    懐かしのバリ伝
    0

       同年代の方にはドンぴしゃネタだと思います。

      何気に、お昼に行ったラーメン屋にて

      少し混んでいて、入り口付近で席待ちをしている時に「ふと目に」

      青春時代の伝説のバイク漫画「バリバリ伝説」ではないですか。

      最近はすっかり、漫画本からも遠ざかって

      思わず、何十年振りに 懐かしく手に取りました。

      スポーツ系物語特有の、ジェットコースター漫画なので

      文字も少なく、ページをパラパラ素早く流れるように展開する。

      ラーメン待っている間に一冊読破。

      今から二十数年前、この本の影響で、グン、秀吉に憧れたバイク少年

      技術力も無く、峠を攻めてコケタ事を思い出しました。

      久々に全巻読みたくなりました。


      posted by: toyo | 私は誰? | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      たばこ700円時代突入か?
      0




         「禁煙推進議員連盟」の元事務局長でもある小宮山洋子厚労相(62)が、たばこ1箱当たりの値段について700円台を目指す姿勢を明らかにした。
         厚労省研究班の試算では、たばこ価格を750円まで上げた結果、消費が現行の半分程度まで落ち込んだとしても、約8000億円の税収増を確保できると指摘。だが、嫌煙姿勢を鮮明にする小宮山氏は、値上げ方針について、「税収のためではなく、健康を守るためにやるべき」と強調している。


        煙草をやめた私には特に関係ありませんが、
        愛煙家には益々締め付けが厳しくなる。


        私が煙草をやめたきっかけは数年前?


        40歳を前に、高校時代の同級会があり


        約20年振りにあった友人たちと楽しいひと時を過ごしたが


        出席者の9割以上が喫煙者で、狭い部屋でパカパカ、ふー


        さすがの喫煙者の私もタバコのにおいで気持ち悪くなり


        「禁煙が騒がれる昨今、なんだこの喫煙率は?異常だ!!
        こいつら、早死にするな!!」


        と思ったのがきっかけだったかな。


        それからはきっぱりとやめて現在に至ります。



        たばこ700円時代突入か? 


        税の平等性と言う観点からは気の毒です。


         

        posted by: toyo | 私は誰? | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        速読って
        0

           読みものは、アナログからデジタルから趣味と仕事柄良く読みます。
          Web上の文書や他人のBlog、E-Mail、雑誌から単子本の類まで。

          評論家の勝間和代さん程ではないですが、かなりの速読が出来ます。
          言う所の、斜め読みです。

          イメージすると、本を5行分位をブロックのイメージで一気読み
          1ページなら物の数十秒位です。
          メール文章なら、スクロールしながら流し読みな感じです。

          特別に鍛えた訳でもなく、自然に身に付いた速読ですが

          気になったので、速読に関する本を速読では無く普通に
          読んでみました。

          速読とはテクニックかと思っていましたが、その本曰く

          自分の過去の経験情報と照らしあわせ、経験や共通情報の場合に
          脳が自然に、知っている情報と次に書かれている内容を即座に
          予測して、自分自身でその文章を組立予測しながら同期を
          取っている   云々

          確かに、言われてみれば すべての本に関して速読が出来ては
          いない、

          自分では、興味分野有無での集中力かとばかり思っていたが
          速読とは、知っている経験に基づき 脳が判断し先読みしている
          との事で、改めて納得。

          速読では無く、経験予測読み  と言うのが正しいのかな。

          posted by: toyo | 私は誰? | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          血液って
          0

             本屋で何となく立ち読みしていると、何気なく手にした本
            血液型の性格分析的な本

            自分自身、分析や層別分類が好きなので 良く人の血液型で何となく
            層別したりして楽しんでいます。

            この手の本は過去にも沢山出ていますが、既に言い古された感じで
            あまり、真剣に読んだり  買ってまで読むほどでは無い分野でした。

            そんな感じで、パラパラと   すると、こんな言葉が目に。

            「右と言われれば、右を熱く語る。」
            「左と言われれば、左を熱く語る。」
            「言ったヒト以上に熱く 詳しく語る。」

            やばい、この本に完全に見透かされている??
            悔しいけど、即購入してしまいました。。。

            確かに、過去のMyBlogを見直してもその通り  大きく人の意見に
            流され、共感し、熱く語っている自分がいる。

            「頼まれるとイヤと言えないお人好し。」
            「手抜きでも最後は帳尻を合わせる。」
            「結論が日替わり」
            「要件プラス@の@の方が多い。」
            「映画は単純明快ストーリー、アクション、冒険、爆発ドカーンが好き」
            「旅行は無計画の行き当たりばったり。」
            「締切間際に発揮するパワーと集中力がスゴい。」

            しばらくはこの本から目が離せない、Blogには格好のネタ本である。

            しかし、血液型は何型かはご想像あれ。

            posted by: toyo | 私は誰? | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            お人好しって
            0

               私はお人好しです。
              何の脈絡も無く突拍子もない始まりですが。
              厳密にいいますと、いい人と思われる自分が、原動力となっています。

              何かの本で読みましたが
              「徳を積む」:徳というのは「よかれという気持ちで、人に益する事や
              良い事を行った時に天から授かる点数」のようなものです。
              このプラスの点数(徳)がどんどん貯まり、化する働きで現実化すると
              「幸せ」「喜び」になるのです。
              徳は「幸せの種」「無形の宝」だと言えるでしょう。

              特にこの言葉を意識して、行動している訳ではありませんが
              結果的にはこの言葉通りに実践しています。

              基本、おせっかい、知りたがり、教えたがり、好奇心の塊
              の性格なもので、この類な事には労は惜しみません。

              ・「こんなの知ってる?」と言われると知りたがり魂が唸ります。
              どんな方法を使っても調べ上げます
              その一つがネット検索です、大概の事は調べられ知識となります。

              ・「これはどうやるの?」何て言われた時には、任せとけ魂が唸ります。
              こんな便利な物があるよ とか こんな方法はどう 見たいな。

              ・「こんなのがあるといいな」と来れば、じゃあ作りましょうと
              物作り魂が唸ります。

              これは、何がそうさせているかは分りませんが、そういう人です。

              自分で言うのも照れますが、この性格は現代社会では必須なスキルでは
              とちょっと誇らしいです。
              また、時代のニーズにも合っている気がしますし、
              今の現会社でも活きていますし、便利に使われています。
              今後の、起業活動にもきっと役立つと信じています。

              そう言った意味でも、このソーシャルネットワーキングの世界は自分の
              ライフスタイルです。

              ソーシャルネットワーキング(Social Networking Service)とは
              「人同士のつながり」を電子化するサービス。自己情報のコントロール
              や人との出会いった目的を掲げ、「コミュニティー」を通じた「友達の輪」
              のネットワーク型組織

              このライフスタイルが、自分の生活の糧になるともっとやりがいになるな
              と言うのが、今の本音です。

              本日の格言
              「情報は一人では単なる情報ですが、
                              集まる事で情報網へと進化します。」

              この文に共感して頂けたら下の「いいね!」ボタンをクリっとするか、
              コメント書き込んでください、これも元気の源になりますので。

              posted by: toyo | 私は誰? | 20:22 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
              左利き
              0

                 字を書くのは右、食べるのは左、投げるのは右
                器用に使えるのは左、包丁は左、利き足は右
                バトミントンは左、習字は右、絵をかくのは左、電卓は左
                いったいどっち利きだろう??と思いながらも両方を使いこなす。

                意外に便利なのは、右手に鉛筆、左に消しゴム両手で使える。
                ナイフとフォークどちらの手でもOK
                両手にペンを持ち、左右対称文字が書ける。
                はさみは基本は右用だけど左手でも使える。

                気になるのは、少人数でファミレス等に行った時、右利きの人と
                腕がぶつかるので、ぶつからない左側に席を取る。
                並んで歩くときに左に人がいると落ち着かない。

                今でこそ、市民権?を得た左利き、昔 おばあちゃんに「ぎっちょ」と
                言われ、食事の時によく怒られ、おばあちゃんの前では右で食べてた
                覚えが。
                でもやっぱり、右で食べるより左で食べる方がなぜか美味しい…

                「ぎっちょ」と書きながら、なんか懐かしさを感じる。
                今、この表現は死語になっているようで、放送禁止(自主規制)用語
                になっているようだ。

                ペンを持つ事も少なく、キーボードを叩く事が増えたため
                右利き/左利きの優劣は無くなってきているかな…と感じる今日この頃

                posted by: toyo | 私は誰? | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                漁港部
                0

                  12月29日晴れ 本日をもって今年度の「漁港部」活動納めです。

                  今年度活動報告
                  春先と夏先数回 築地場外市場
                  夏先数回  深谷の某魚市場
                  秋口  寺泊漁港市場
                  夏 数回と本日  大洗那珂湊市場

                  活動範囲は地味であったが、まずまずの成果ではあった。

                  顔なじみまでとはいかないが、いつも買うお店のおじちゃん、おばちゃん
                  みんな元気だった。

                  どんな不景気でも漁港はいつも元気で活気がある。

                  申し遅れましたが、漁港部代表のtoyoです。
                  部員は数名、その時々で違いますが さかな好き漁港好きメンバーです。
                  過去の活動としては、取りあえず旅行先の目的には市場は入っています。

                  北は小樽、札幌、函館 秋田の男鹿、気仙沼、大船渡、釜石橋上市場
                  塩釜、石巻、小名浜、高萩、那珂湊、築地、柏崎、寺泊、能生、能登
                  金沢近江町市場、沖縄 牧志公設市場

                  思い出しただけ列記したが、意外に行っているなと自分でも驚き。
                  来年度の活動は、北は攻めたので今度は西日本を攻めて行きたいと思います。

                  本日の活動レポート
                  年末と言う事もあり、大洗那珂湊市場付近は高速出口から既に渋滞。
                  駐車場混雑を予想し、少し離れた市営駐車場に駐車
                  市場混雑を予想し購入物はすべて事前決定してあるので、ピンポイントで物色。
                  なじみ2軒を効率よく周り、実家への贈り物も含めて大量にゲット。
                  お昼前に購入を全て終え、さっさと混雑箇所より非難。
                  海岸線をのんびり眺めながら、かねふくめんたいパークにて試食めんたいを
                  大量に食し、お土産めんたいゲット

                  今日のお昼は、「あんこう鍋」  いつものお店で無く、新しいお店を攻めるが
                  あんこう独特の濃さが足らずちょっと不満。
                  帰りの高速 壬生PAのカプチーノソフトでご機嫌になり、無事帰宅。
                  夕食はお刺身といくら、干しイカで大満足。

                  以上、漁港部代表の今年度報告を終了します。

                  posted by: toyo | 私は誰? | 21:56 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                  同じ時代
                  0
                     週末の土曜日は、何十年振りかのバレー部時代のメンバーとの同窓会。

                    ほとんどのメンバーが地元にはいないので、全員出席とは行きませんでしたが

                    飲み会前に、体育館に集合し 久々のバレーで汗を流し その流れで飲み会へ

                    かなり、年は取ったが そこは昔取った何とかで、当時の動き(クセまで)

                    同じで、凄く懐かしかった。

                    飲み会の話題も、先輩から受けた指導(しめ)の事から、失敗談や恋バナ

                    かなり赤面の青春時代の思い出に花が咲き  苦しくも楽しかった事が走馬灯のように

                    思い出されました。

                    もう皆、ある程度年も重ね、会社や自営でもある程度の立場にもなったろうに

                    その瞬間だけは、悪ガキそのものだった。

                    同じ時代、同じ時間を過ごしてきたメンバーとも疎遠にはなっているが、

                    数年後にまた会う約束をして別れた。

                    幹事の徳っ君、お疲れ様でした。

                    PS.正月には、小学校時代の同窓会のお知らせが来た、何か最近この年代が

                    ノスタルジーに浸る年になってきたのかな?

                    この辺がビジネスネタに繋がらないかな・・・ 

                    昭和40年代のノスタルジーを感じさせる呑み屋とかカフェとか、Webサイトとか
                    posted by: toyo | 私は誰? | 21:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    趣味あれこれ
                    0
                      趣味について整理してみます。

                      性格的に「熱しやすく冷めやすく」「形から入る」が災いしてかなり多趣味です。

                      きっかけも形から入るのでかなりミーハー(死後)ですが。

                      スキー、水泳、サーフィン、バレー、バスケ、野球、釣り(餌、ルアー、フライ)

                      フライタイイング、山登り、木工細工、レンガ積み、そば打ち、料理、キャンプ

                      ドライブ、家族旅行、一人旅、仕事?、読書、ネットサーフィン、バイク


                      一番熱を上げたのが スキーで将来は指導員で生計を…等と勘違いしのめり込み

                      一級取得、就職と共に指導員をあきらめ(笑)家族スキーの指導員?に

                      サーフィンはまさにFine雑誌の全盛期に二十歳頃、毎週 湘南、伊豆、茨城と

                      あまり上達は無かったが楽しい思い出、年を取ったらおやじサーファーを夢見て

                      今この年でおやじサーファー復活、長いボードとウエットスーツを買い 改めて

                      一からサーフィン教室に通い出しました。

                      釣りは近所の師匠の影響で、ウエダーと竿購入 まずは餌釣りから始め、ルアー

                      と進み最後はフライフィッシング 疑似餌も自分でタイイングしましたが、師匠の

                      作品との釣果の違いに愕然となりタイイングセットは倉庫の肥し。

                      対象魚はトラウト、やまめ、岩魚で、知り合いの紹介で 日光の尾瀬菅沼の

                      ネーチャー会員となっています。 でも最近行けてません悲しい

                      キャンプも昔、貧乏旅行で北海道に友人のジムニーでキャンプ旅行に出かけ、

                      我々のまわりで、豪華なキャンプをしている家族キャンパーに憧れ

                      家族が出来てから、豪華キャンプセットを整えキャンプ三昧 しかし最近は子供

                      も大きくなり、出かける回数も減り これも倉庫の肥し悲しい

                      バイクは青春時代?友人でツーリングチームを結成し、様々な所にツーリング

                      に出かけた事が懐かしいです、オンロードにオフロードと乗り継ぎ、

                      今は通勤用に50ccのスクーターライダーです。

                      料理好きは、昔のスキー場ペンションでの料理作りからで一応一通りの料理

                      は出来ます。

                      煮物、揚げ物、焼き物… 共働きなので妻の帰りが遅い時には私が子供に作ります。

                      私のおすすめ料理番組は 日曜お昼の 太一ケンタロウの「男子ごはん」で毎週

                      録画して見ています。

                      まだまだ趣味の話は尽きません。

                      posted by: toyo | 私は誰? | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |