Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
まわりくどく、面倒くさく退屈、でも面白い良書「アルケミスト」
0

    洋書は無理やり日本語化するからなのか、誤訳が不自然?

    言い回しがまわりくどく、すごく読みにくい・・・と言う印象。

    その内容にプラスして宗教的な解釈や、原理、心の概念、世界観・・・退屈な印象。



    この全てを兼ね備えた本が、この「アルケミスト」


    寝床で読んだが、中々進まない・・・すぐ眠くなる退屈な本。
    しかし、評判は上々で 以前見て勉強になった良書「ホワンの物語」のベースとなった本と言う事で

    改めて、時間を作って集中して読んで見ました。


    ストーリー:Wikioedia抜粋
    スペインの羊飼いの少年サンチャゴは、偶然出会った王様メルキゼデックに導かれ、ピラミッドにあるという宝物を探しに行くことを決意する。

    羊を売り十分なお金を持っていたサンチャゴであったが、海を渡った直後、盗賊の少年にお金を騙し取られてしまう。そのため、サンチャゴは1年近くクリスタルショップで働くことになる。

    月日が経過し、十分なお金を貯めたサンチャゴは再びスペインに帰って羊飼いに帰るつもりであったが、王様からもらった二つの石「ウリム」と「トムミム」を見て考え直し、再びピラミッドに向かうことを決意する。

    キャラバンとともに長い砂漠を越えようとする途中、錬金術師を目指すイギリス人と知り合いになる。彼はオアシスにいる錬金術師に会うためにはるばるやってきたという。

    オアシスに着いた一向は、部族間の戦争のため、オアシスでの滞在を余儀なくされる。そこでサンチャゴは、「前兆」を見てその意味を読み取り、オアシスの危機を救う。このことでオアシスの錬金術師から認められたサンチャゴは、錬金術師とともにピラミッドへ向かう。


    先ずは感想から

    「良い」ウーン「良い」心が和やかにホンワカとなります。

    物語と言うよりビジネス教本です
    ビジネスで成功に導くための心理が描かれています。

    これは、是非 ついでの時間では無く、じっくり腰を据えてのんびりとした時間を楽しめる時に読んで下さい。


    内容が深すぎて、斜め読みやついで読みには向きません。

    旅のお供とかには最適な本です。

    言葉では表現出来ませんが、なぜがジワジワっと来る内容です。
    この主人公を自分に置換えて見ると、同じ様な過ごし方

    成功に導くための縁や流れを感じるか、掴めるか

    全ては神が描いた流れに過ぎない・・・決して運でも偶然では無く。

    その時々のYes /Noの自分自身の判断(価値観)で有る・・・

    内容をかみ砕けば砕くほど、冒頭の説明の様にまわりくどく、面倒くさく退屈になる。

    心安らかな時間が取れる方には是非お勧めしたい一冊です。
    posted by: toyo | お勧めSelect | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「スターバックス成功物語」読んだら飲まねば
    0

       

      ちょっと旧書になりましたが

      師匠Blogで良書紹介だった「スターバックス成功物語」

      を読んだ感想でも

      企業の成功物語として理念を守りつつ

      成功の紆余曲折を丁寧に書かれたビジネス本です。

      ホンネ的にはこの手の本は退屈です。

      前回の「ホワンの物語」は興奮して一晩で読切ましたが
       

      これは眠気を誘う本でした。(≧∇≦)

      エンジンが掛ったのが2/3以降でここまでが長かった。

      長い文章であまりにも丁寧に書かれているので

      多少退屈でしたが

      コーヒーに掛ける思いは伝わって来ます。

      深煎りの拘り、ヨーロッパ文化のアメリカ伝道

      福利厚生を重視する姿勢、ブランド作り

      大切に会社作りをしている姿には共感致します。

      アメリカン(薄めのコーヒー)を好んで飲んでいた

      米国人が衝撃を受けたと言う伝説のカフェラテ

      私も初めてスタバの「カフェラテ」を飲んだ時の興奮は忘れられません。


      読み終えてから、向かわずにはいられませんでした。

      私の好みは「ショートラテ、ホットをマグで」



       

      評価:
      ハワード シュルツ,ドリー・ジョーンズ ヤング
      日経BP社
      ¥ 1,890

      posted by: toyo | お勧めSelect | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「永遠の0」ガツーンと叩かれました
      0


        先輩から「ぜひ見て」とお勧めされた映画

        「永遠の0」見てきました。

        エンターテイメント系戦争映画は大好きですが

        ヒューマン系戦争映画は避けて来ました。

        この類はハッピーエンドはありません、完全なお涙頂戴系です。

        戦争は知らなくてはいけない歴史ですが

        無理に知らなくても・・・と言うのが本音な所です。

        息子も気になる映画らしく親子で久々の映画鑑賞でした。

        岡田くんのお格好良さとVFX(Visual Effects)ばかり目立つ映画かと思いましたが

        ガツーンと叩かれた感じです。

        余りにも力が入りすぎてエンドロールの時は脱力感で

        しばらくボーゼンとして動けませんでした。

        ネタバレになるので中身は伏せますが

        本(小説)嫌いの息子が、

        「展開が難しすぎて全部理解出来なかったけど本を買って」と

        映画の評価は全てここに集約されます。

        ベタな感想は安っぽくなります

        親子で話す機会が出来た事は収穫です。

        ヒューマン系嫌いの私が言うのも変ですが

        この映画は多感な高校生に見て欲しいです。

        親子で見られると最高ですが、学校の教材としても見て欲しいです。

        避けずに伝えなければ行けない良い作品でした。



         
        posted by: toyo | お勧めSelect | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        引き込まれた良本紹介「ホワンの物語」
        0


          お正月に読んだお勧め本の紹介です。

          師匠Blogで絶賛されていた

          米国起業家ロバート・J・ペトロ氏の『The Book of Secrets』を
          山川紘矢さんと山川亜希子さんが翻訳した物語です。

          『ホワンの物語 成功するための50の秘密』(飛鳥出版社)

          今年度? 最高の良本です。

          細かな文字で約300ページを超える大作ですが引き込まれ一晩で読みました。

          本のあらすじを簡単にご紹介します。

          両親を亡くした少年ホワンは、住み慣れた農場を追い出され、
          ロバと一緒に未知の都会へと旅立っていく。
          そこに待っていたのは現実の厳しさであり、人の優しさと温もり・・・。
          そして、裏切りがあり、ホワンは絶望の危機に・・・。

          そんなストーリー展開しながら事業者としての成功のヒントと共に成長して行く内容です。

          いつしか自分もこの成功擬似体験をしている錯覚に陥り

          主人公の成功を自分の成功(希望)に重ね合わせていました。

          久々に引き込まれたビジネス本でした。

          利益を上げる方法、考え方、顧客満足、仕組み作り、投資と内容盛り沢山です。

          経営哲学にも通じます。

          読んだ感想詳細はAmazonレビューで確認して頂くとして

          ドラマ化や映画化されても良いと感じました。

          久々に興奮した作品でした。

           
          posted by: toyo | お勧めSelect | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ははそたい焼き屋さんの応援団
          0

             

            以前ここで書きましたが


            「ははそたい焼き屋」のHPとFacebookページが完成しました。


            HP:http://www.hahasotaiyaki.com
            Facebook:http://www.facebook.com/hahasotaiyaki



            完成とは言っても、徐々に育てて行くページなので枠組みが出来上がったと言う事です。


            しかし、あまりにもオーソドックスすぎてひねりが無いのが玉に瑕です。

             

            店主の魂と言うと大げさですが


            お店に掛ける思いとか、苦労をして立ち上げた経過とか

            借金までして女性40歳後半の世代で起業した気合い・・・

            そう言った事を込めて行きたいですが


            しかしライトに行きたい部分も有ります。


            今回はスマホやタブレット端末を意識して一画面スクロール方式に拘って見ました。


             

            なんとこのお店は



            笑点でお馴染みの  林家たい平さんが応援しています。



            私の中学時代の先輩でも有るたい平さんですが



            お店の看板デザインや様々な作品を提供し



            たい平さんのBlogでも応援して頂いているようです。



            ようやくHPも出来たのでBlogとの相互応援もして頂けそうです。



            それ意外にも多くの友人が応援してくれています。


            電気工事、梱包箱、材料  諸々



            頑張っている人にはいっぱい応援団が付いて行きます。



            たい焼きをいくつ焼いていくつ売れば、借金を返して利益が出るかは不明ですが

             

            みんなで応援して行こうと思います。



            HP:http://www.hahasotaiyaki.com
            Facebook:http://www.facebook.com/hahasotaiyaki

            「いいね」で応援お願い致します。

             

            posted by: toyo | お勧めSelect | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            「民王」は半沢直樹よりも気楽に読めます。
            0



              今をときめく半沢直樹の作者で有る池井戸潤さんの作品
              「民王」

              池井戸作品は一通り読みましたが
              この「民王」はちょっと異色でした。

              前半はお笑い系?SF系?何か展開がマンガチックで

              理念を忘れた総理の父と
              勉強は嫌いだが曲がった事が嫌いなむすこ

              相容れない親子の関係が最後には有る事件を切っ掛けに認め合う。

              良く有る内容ではありますが

              読み進むと共に池井戸ワールド全開です。
              「そうきたか」と言う感じです。

              この本はテレビドラマ向け作品の脚本としては最適です。
              しかし、ワンクール程長く無い内容なので
              2時間枠ドラマか半沢効果で一気に映画化か

              どちらにしても楽しみに待ってます。


               

              posted by: toyo | お勧めSelect | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              寒風沢島巡りiPhoneアプリ
              0



                寒風沢島って言う所知ってますか?
                さぶさわ島って読みます。

                宮城県塩釜港からフェリーで行く小さな島です。
                何故かこの島に惹かれ、
                家族で数年連続で毎年海水浴に通った離れ島

                何が魅力かと言うと、特に有りません(失礼)

                海が特別綺麗な訳でも無く
                宿泊施設が特別に良い訳でも有りません。
                普通の民家の様な民宿です。
                特にお店もお土産屋も無く観光客も少ないです。
                ただただ何も無く釣りと磯遊びでノンビリする島です。

                アッ!!一つだけ大きな魅力が有りました。
                ウニが食べ放題です。(でした・・・)
                夕ご飯に3個ぐらいゴロゴロって出てきて
                何故か、その後ボールに山盛りのカラ付きウニがゴッソリ
                多分、一年分位のウニが堪能出来ます。
                しかも、山盛り分はサービスです。

                こんな贅沢をしに毎年通いました 約10年以上前ですね。
                しかし、ある自然災害で一変です。 
                そうです3.11です。

                その後、この島の事が気になっていましたが
                そんな時に、こんなお知らせが

                【iPhoneアプリ】東日本大震災で被害を受けた宮城県寒風沢(さぶさわ)島をバーチャル散歩できるアプリが登場 / 健康促進&地域支援にもなる!

                まさにピンポイントです。
                さっそくインストールして、島の散策をして見ました。
                見覚えの有る懐かしい景色です。

                島に縁のない方は微妙かもしれませんが
                かなり地味ですが応援したいアプリです。

                posted by: toyo | お勧めSelect | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                「はだしのゲン」議論で改めて考える機会が・・・
                0



                   今、何故か「はだしのゲン」がホットです。
                  様々な意見があるというインパクトの有る作品という事ですね。

                  では、私が子どもだった時のこの本のインパクトは

                  中学生の時の国語の先生がこの本の大ファンで
                  クラスの皆んなに勧めていた事を思い出します。

                  はじめて読んだ感想としては、内容よりも
                  絵にインパクトが有り過ぎて  グロイ(泣)・・・
                  個人的には今、問題議論になっている性的描写よりも
                  体に虫がわいている描写が今でも「トラウマ」です。

                  多分、今見ると当時とは違った感想になるかもしれませんが

                  次世代に伝えなくてはならない事実ですが凄く怖かった思い出です。


                  閲覧制限議論が出るのもちょっとわかる気がしますが

                  言論の自由の我が国です

                  見る方がそれぞれの感性で判断すべきではないかと思います。

                  一つ言える事は、低学年のお子さんが
                  興味本位で見るにはインパクトが強過ぎます。

                  しっかり自分の考えが持てる年代になってから
                  見ると良いと思います。

                  一度、子どもと一緒に読んで「この事」に付いて
                  考えて見ようかなと思います。

                  posted by: toyo | お勧めSelect | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  新版 結局「仕組み」を作った人が勝っている という本
                  0



                     お盆休暇中の緩んだ脳みそに「喝」をいれるべく
                    本読みと読書感想文の宿題を…

                    ネットで買った評判のビジネス本は比較的ハズレが多く
                    睡眠誘引剤となるケースが多いですが

                    やはり本屋でジャケ買いした本は比較的ヒットが多い
                    と言う事で、いつになくヒット本

                    *ここで言うヒットはノンストップで読み切ったか、集中して速読が出来たかを自分なりに判断。

                    結局「仕組み」を作った人が勝っている

                    今のお仕事に正にマッチングしている内容です。

                    システムエンジニアとして起業しましたが
                    このシステムとはコンピュータシステムだけにとらわれず、
                    フレームワークと言う枠組みとか儲かる仕組みとかを
                    考えてシステム化を行う    が広義な意味ではあっています。

                    弊社も幾つかの仕組みを仕込んで種蒔きは実施していますが
                    まだまだ回収までは及んでいません。

                    何処かに甘さと詰めの弱さが有ります。
                    この辺の反省を踏まえて、刺激を頂く本でした。

                    通常の成功体験ビジネス本は「フーン!?」で終わりますが
                    今回の本はビンビン刺激を受け、鈍った脳みそを活性化させてくれました。

                    この様に物事のヒントを与えてくれて
                    やる気スイッチを「ポチっと」押してくれる本は好きです。

                    得意な分野を活かしつつ、軽いフットワークで
                    打ち続けたいと決意した夏休みでした。

                    今後もアイディアの一端をこのBlogでも公開し
                    協業仲間を集って行きたいと思います。

                    楽しい事を一生懸命やりませんか。


                    posted by: toyo | お勧めSelect | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    一過性なのか根強いのか「かき氷」が来てます。
                    0

                       

                      暑い夏の風物詩と言えば「かき氷」

                      かき氷なんて、
                      何て事なくタダの氷を削ってシロップを掛けて食べるだけのシンプルなオヤツの感覚でした。

                      最近はこのシンプルなかき氷に付加価値が付き
                      行列が出来るまでに進化しています。

                      天然水の氷を切出し氷室で保存した天然かき氷
                      フルーツと練乳をミックスしたシロクマ
                      抹茶とあんこと白玉のかき氷

                      お盆んの帰省のついでに日光に寄り道し
                      話題の天然水で作ったかき氷を食べて来ました。
                      日光市今市の「松月氷室」です。

                      事前の調べで何しろ大行列で数時間待ちは必須との噂
                      行列の大混雑を防ぐために整理券を出す様です。

                      11時の開店を前に10時頃到着し早速整理券をゲット
                      この段階で53番目で  12:30ごろですとの事

                      大谷川公園や昼食で時間をつぶし、イザ出撃

                      私は「とちおとめ&練乳」をオーダー
                      氷はウワサ通りのフワフワでとろける感じでした。
                      口の中で素早くとけるので、キーンと
                      おでこが痛くなりにくい感じではありました。

                      しかし何時間もかけて並んで?待って?食べる?
                      恐るべし「かき氷パワー」です。

                      わざわざこのかき氷を目的に訪れる方もいるそうです。
                      女性客が圧倒的に多かったです

                      何が流行るかわかりません。


                       

                      posted by: toyo | お勧めSelect | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |