Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【農業IT マニュアル形式知、体系化の鍵はIot
0

     

    前回、農業マニュアルの形式知の鍵はIotと書きました。


    もう少し掘り下げてみます。


    Iotと形式知の結びつきは??


    ハテナマークですよね

     

    私も様々な方とお話しする中でこのヒントを頂きました。


    大きな理想からお話しします。


    有る、優秀な篤農家さんの年間の管理状態

     

    (潅水量、潅水時間、温湿度分布、日照累積値、Co2状態)を知り

     

    同じタイミングで肥料や手入れや収穫を行えたらどうですか?


    師匠は超えられなくても、素人が見よう見まねでやるよりも

     

    同じ状況が作れればある程度までは標準化した

     

    データが使える可能性が有りますよね。


    また、農業技術研究所では様々な地検を行い

     

    最適な栽培管理の情報を持っていますよね。


    文献も様々出ています。


    ではこの篤農家さんの環境データと農業技術研究所

     

    の研究データを合わせて、ビニールハウスの環境が

     

    自動制御出来たら何か可能性を感じませんか?


    このデータを集める仕組みがIotになります。  続く

    posted by: toyo | 農業IT@土男 | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://toyo.commstep.main.jp/trackback/1011
    トラックバック