Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
#9 ベトナム中部の旅、ベトナム農業や産業事情
0

     

    主な産業は農業と観光かと思います。
    産業としては、欧米や日本からの工場は進出してきている様ですが
    国内産業は弱そうです。

     

    車は日本車、韓国車がほとんどです。
    インドで強いススキ系は少なく、ホンダ、トヨタが多いです。


    販売店と修理工場は力の入れようですね。

     

    バイクと言えばベトナム


    ひと昔前は、カブ号でしたが現在の主流はスクーター
    スズキ、ヤマハとこちらは日本製がほとんどです。

    何しろものすごい台数です、一家に3台は有るでしょう。

     

     

    予想するにベトナム一都市のバイク台数の方が
    群馬県のバイク台数よりも多いのではと思うほどです。

     

    決して安い買い物では無いバイクですが、貧困の庶民の足としてのバイク
    かなり日本企業は勉強して格安で提供している事でしょう。


    それともかなり儲けているかなぁ?

     

    最近の流行はスクーターでは無く、電動バイクがイケてる様です。
    流行に敏感な若者が環境問題に一石を投じているのかも知れませんね

     

    ベトナムと言うと「水田景色と水牛」をイメージしますが

    はい、その通りです。

     

     

    街を一歩進むと一面、水田が広がります。

    熱帯雨林地域なので雨量も豊富なのでしょう。

    広大な平地にキチンと区画整理された水田が広がります。

     

    ちょうど田植えの時期も過ぎたのか、苗が植えて有りましたが
    景色が日本と違います。

     

    苗がクネクネと植えられています。

    そうです、日本の様に機械植えでは無く人海戦術の手植え
    数台のトラクターも見かけますが、水牛が主役の様です。

     

    効率を考えると機械化ですが、採算が合わないのでしょうね。

     

    日本の様なブランド米見たいな食の意識では無く
    ただ食するためのお米を作る、ほとんどが加工米(米麺)とかで
    安く取引きされていると思います。

     

    多分、これ以上でもこれ以下でも無いのでしょう。
    日本とは違う米事情ですね。

     

    ではお野菜事情は?

    日本の様なハウス畑はほとんど目にしませんでした。

    ベトナム料理にはお野菜が豊富なので何処かでは大量に作っているでしょうが

    中部では水田以外は余り目にしませんでした。


    南国フルーツも豊富ですが、この辺の畑は気になる所です。
    もしかしたら隣国から輸入?地続きなのでトラック配送しているのかもしれません。
    気になるので後で確認します。

     

    ⇒確認しました。南国フルーツやお野菜はベトナムの南部(気候が温暖ない地域)で
    生産されている様です、なので輸入よりは輸出に力を入れている様です。

     

    産業も農業、観光も特に特出すべきが無い印象のベトナムですが

    近年経済発展が著しいです。

     

    それは人力なのかもしれません。


    抑制されていた過去からの解放で、街が活気付いています。

    人も解き放たれて前を向いているのでしょう。

     

    国をあげて「どげんかせねば」と思い
    国民も「もっと豊かに」と考えていると思います。

     

    ここに海外の資本が流入して来ています。魅力は人力です。

    比較的勤勉で穏やかな人種の様です。

     

    国の政策や政治的思想はわかりませんが

    世界中からベトナムシフトに移行しています。


    日本のODAも盛んで、親日派も多い様子です。

     

    世界の工場へと変貌しているのでしょう。

     

    何しろ急激に街が進化して人が都会に流れ
    インフラや交通網が追い付いていない感じです。

     

    交通網の整備と交通ルールの再教育を始めていかないと
    何処かで無理が出て来るでしょうね。

     

    posted by: toyo | 2016 ベトナム中部の旅 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://toyo.commstep.main.jp/trackback/1024
    トラックバック