Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
#10 ベトナム中部の旅、アジアの観光あるある
0

    日本でもそうでしょうが、観光地でお土産商売する場合は
    現地の通貨だけで無く、海外通貨(許可系は知りませんが)
    での取引きはやるべきです。

     

     

    特にアジアのお土産屋は絶対にやるべきです。
    日本円、ウォン、元、ドル


    店前に日本円OKと看板出すと皆さんマネするでしょうがw
    年配のお客様を相手にするなら特にです。

     

    頭の良い人と、マーケットを持っている方も強いです。


    例えば、現地のツアーガイドさん


    バスの中での両替商です、違法になるか?ですが
    バス一台で数十万円動きますから結構なマージンですよね。


    その他、独自のOPツアー
    フリータイムを利用してのバイタクプチ観光アレンジ。
    チップ込みで1時間1500円…


    ローカルのバイタクは数ドル程度でしょう。
    少し多めに500円支払っても1000円取っ払い

     

    マッサージです。
    90分4000円ですよ「ここは安心でお勧めです」
    ちょうど疲れタイミングで、自分で見つけるには不安、値段も手頃
    現地相場で10ドル、チップ込みで15ドル位で後はアテンド料金。

     

    運転手も施術側も良客を連れて来て頂き
    お客様もガイドさんを信頼して喜んでお支払

    理想的なマッチングビジネスモデルです。

     

    これを勘違いしてやってしまう輩が何処でも出てきます。


    ハナから日本人や旅行者と見ると、法外に要求する運転手や施術院。

    増えれば増えるほど、信用や安心感を失い
    逆にガイドさんの信頼度が上がる訳です。


    ガイドさんはお客様との信頼関係が出来てから絶妙のタイミングで
    売込みしますので勝ち目は無いですね。

     

     

    お土産屋さんあるあるです。
    アジアの露天や市場のお土産屋さんは値段は交渉制がほとんどです。
    定価販売が常識の日本人からすると面倒で不思議な感覚です。
    値段は相手を見て決めています。


    なので人によって、同じ商品でも場所によって自由です。
    海外で良くボッタクられたと言うトラブルがこのケースです。


    相手も百戦錬磨です、成功体験を重ねて値段がつり上がって行くでしょう。
    俗に言う日本人価格です。


    決してダマしてボッタクっている訳では無く
    相手は交渉しているのに日本人が挑んでいないだけです。

     

     

     

     

    posted by: toyo | 2016 ベトナム中部の旅 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://toyo.commstep.main.jp/trackback/1025
    トラックバック