Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
もの作り補助金入り乱れての争奪戦、結果強いものが勝つ
0

     

    お仕事柄、補助金系絡みで相談に乗らせて頂く機会が増えて来ました。
    今、まさに補助金シーズンです?

    小規模事業者持続化補助金の第一次公募受付開始:日本商工会議所

    平成25年度補正予算事業 :経済産業省(中小企業庁)
    ・ものづくり・商業・サービス補助金
    ・創業補助金(創業促進補助金)
    ・まちづくり補助金(商店街まちづくり事業)


    国や行政の動きとしては、中小企業活性化、景気刺激策は大義名分の立つ事業です。


    問題は制度ですよね。


    これはそれぞれ立場が有るので、何が良い悪いは一概に言えませんが。
    「税金を投入しての景気刺激策」ですので
    しっかりした申請・審査の上採択する・・・当然です。


    やはり、世の中には悪い事を考える方もイッパイいます。
    その方々に不正受給されない様に、申請・審査ハードルが高くなります。
    これはこれで理解出来ます。


    そうなると、申請・審査に掛ける工数が大きくなり手間もかかり
    採択後の提出資料も量たるや半端では御座いません。



    すると、ここにプロ集団が登場します。
    代書、代行・・手間作業を行って頂けます。


    そんな、流れがこのらの補助金申請の仕組みの中に出来上っています。


    これも当然の流れですよね。
    しかし、ここで本末転倒が
    小規模事業者のこれから利益を上げようとか、新展開を考えようとか
    少ない予算で宣伝活動に力を入れたい



    この様な本来必要としている事業者に光が当たり難くなります。


    中小個人事業者の社長で資料作成や情報収集に中々時間が取れない。
    手間と時間をかけてまで・・・面倒な業務が山積・・・



    そうなると、資本力と人材を持っていて
    相談できる代行・代書屋さんと組んで

    手間も予算も掛けられる力の有る企業が有利になります。・・・

    この様な所に補助金予算が集中して行きます。



    弱者を手厚くしようと考えても、強者の知恵には追い付きません。



    行政側もあの手この手で景気刺激策を検討していますが
    やればやるほど、格差が広がり下々からの不満が溜まる仕組み・・・
    上手く、行かないものですね。




    「経営者として、申請書位の事業計画者資料作りが出来なくてどうする(怒)」
    等とおっしゃる方もいるかもしれませんが

    多くは苦手にしている現状です。

    posted by: toyo | 事業ネタ | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://toyo.commstep.main.jp/trackback/967
    トラックバック