Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
理想は三方良しの顧客管理
0

    こちらのBlogで「顧客管理の決定版?」のアップをしたら早速嬉しい質問が
     

    「顧客情報の使い方で悩んでいるのだけど・・・」

    「約千人位の顧客がいるのだけど、この情報は広告としては魅力的?」

    「広告宣伝としての媒体となりうる?」

    こんな質問を頂きました。

    ウーン・・・回答としては難しいです。

    広告宣伝媒体としてなりえない事は無いでしょうが

    本当の広告媒体とするなら千人では広告主からすると魅力半減です。

    最低でも3倍は欲しい所ですね。


    とはお答えさせて頂きました


    広告と言うと一般的にはマス広告(例を上げるとCMや新聞広告)投下的に大量の広告を配信して網を張ります。


    しかしながら、私自身の見解本質は少し違います。

    ちょっと長くなりますが

    「攻める顧客管理」とはマス広告とは一線を画して行く方法を推奨しています。

    マス広告は得意な分野の方にお任せするとして


    自社の顧客に、宣伝広告を流して広告収入を得るモデルでは無く。

    自社の顧客に有益情報を「還元する」と言うスタンスです。


    一見は言い回しが違うだけで同じような事を言っていますが。

    基本は

    近江商人が大切にしていた、売り手よし・買い手よし・世間よしという「三方よし」の精神です。

    先に広告収入を第一に考えるのでは無く

    ・事業主の立場で自社の大切な顧客に対して何か有益な情報を与えられないだろうか。
    ・自社の大切なお客様が何か困っている事やこんな物が欲しいのだけど?


    そんな顧客のコアな情報を集められれば理想ですが、そこまでは難しいにしてもこの方々はこんな情報を欲しているのでは・・と言う事に思いを巡らせ広告を出したい方を募り、紹介制度の成功報酬を頂くモデルです。


    具体例です。

    弊社が「Comm'sStyleの個人事業主向けHP作成」の広告を出したい場合、弊社は「紹介キャンペーン」として紹介者に対し謝礼を準備します。

    この情報を、事業者のお客様に全員に配って頂きます。(配信は全員)

    しかし、その中にはターゲット顧客が数十%の確率で居るはずです。


    無名の弊社がむやみやたらに広告を出すよりも、顧客を持っている社長が自分の顧客に推奨して頂いた方が、何十倍も効果が有ると考えます。


    この様なモデルを考えています。

    名付けて「俺責任の紹介」的なイメージです。

    この様なマッチングをネット上で募り、自社の顧客には紙媒体的なパンフをポスティングして頂きます。

    大量の顧客を有している事業主さまは顧客とのより強い絆(ネットワーク)を作り宣伝を行いたい事業者は紹介キャンペーンやクーポン券的な広告を考え顧客は事業主が目利きで紹介してくれた安心な事業者から物を買ったり依頼したりする。


    成功報酬的な収益で皆さんがWinの関係を作れるモデルを考えています。

    この様な輪が地域限定で出来て

    顧客シェアネットワークを構築しながら事業紹介が出来たら良いと思いませんか?


    この様な仕組み作りを模索しながら実現を目指して行きます。


    賛同者も併せて募集しています・・・


    以上  フー。。疲れた。


    「CommCRMシステム」
     

    posted by: toyo | 事業ネタ | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://toyo.commstep.main.jp/trackback/978
    トラックバック